イオンに異変?

 

イオンに異変? スーパー不信で赤字寸前

遅れる消費税対策、首都圏連合に暗雲か

http://biz-journal.jp/2014/08/post_5633.html

 

不信の理由を

スーパー事業が営業赤字に転落したのは、売上高の伸び悩みと販促費の増加が要因。

としています。販促費増は、チラシのばらまきやワオンポイントの連発が増加要因ですが、

集客に結びつかず客数が減少したので、効果はなかったとみていいでしょう。

 

チラシとポイント 効果なし。

 

まずはチラシ。

別版を刷ったりと積極的にばらまきましたが、効果なし。今更なにをやってるのでしょうか?

チラシでは集客できないという事実を知りながら(認識がなければ終わり)やり続けるという

ことは、他にまったく策がないのでしょうね。

かざすクーポンとかドコモと共同開発してませんでしたっけ。

カタリナクーポン使ってませんでしたっけ。

イオンお得ってどこいっちゃったんでしょうか。

結局、チラシばらまいてるだけなんですよね。

流通大手のイオンが自ら「チラシは効かない」ことを証明してくれているわけです。

マス的にばらまくだけの従来型のチラシでは、もはや新たな集客は不可能なのです。

「ハイっ!終わり。」レベルです。

確かにチラシで集客できる客層はいます。バーゲンハンターです。この層を今だけ引

き寄せ売上げを獲る場合のみ、チラシは有効なのです。それ以外はバツ。ダメ。無理。

特にイオンのような値付けが中途半端な企業に、チラシは向かないのです。

 

次はワオンポイント。

このキャンペーン分かりづらかったですね。「1+8倍」とか、なんですか?っていうレベル

です。3倍ポイント連発しだした時に、5倍連発も近い!と予測しましたが、ドンピシャでし

た。結果8倍以上まで連発でポイント出しましたが、チラシ同様不発。

8倍って消費税の8%に掛けてるんでしょうが・・・。ピンときません。

店内のPOPも説明を細かく読まないと分からないという大失態です。店内POPなんかアイ

キャッチなんで、ぱっと見で分かる表示が求められるのにこの有り様です。立ち止まって読

む人なんていません。

単純に「イオンはポイント8倍で生活応援!」でいいんですよ。

 

今回のイオンの失敗例は

小売業の進化しない販促30年の歴史にピリオドを打つ時が来たことを暗示しています。

今までのように、チラシばらまき販促をメインでやっているような小売り店には、商売繁盛

は二度とやってこないでしょう。

 

 


カテゴリー: チラシ, ポイントカード パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です