2018年に思う

あけましておめでとうございます。

 

旧年中はお世話になりました。

新聞部数の減少が続く中、折込会社の売上げも比例して減少し続けています。

関西の主要折込会社も軒並み10%前後の減少が始まっています。

△7%が5年続くと5年間で30%の売上減になり、10年続くと50%減になります。

また、利益は売上げ以上の角度を付けて落ちていくでしょう。

更に、新聞各社が押し紙の削減による業務の正常化を進めれば進めるほど部数は落ち

折込会社の売上げは減少していきます。

10年前に物流ビジネスからマーケティングビジネスにシフトするチャンスを逃したことが

致命傷になる時代に突入したということです。

 

広告主は何を支持するか。

今年が、はっきりと分かる、潮目が変わる元年になるでしょう。

はっきりしますよ。

いや、させます。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする